前へ
次へ

時には交渉という駆け引きが必要になる

法律トラブルに巻き込まれないよう、法律家が間に入り交渉してくれることをご存じでしょうか。
例えば、マンションを借りていて、賃貸借契約を終了し、別の場所に移りたいのに保証金として納めていたお金を返してもらえない、というケースもあります。
弁護士に相談し、裁判をするのは得策ではありません。
費用や要する時間を考えれば、費用倒れとならない交渉に切り替えた提案をしてくれる弁護士がいます。
内容証明郵便で保証金を返還する内容ならば、司法書士でも行ってくれます。
返還されなければ裁判を提起する、こうなれば弁護士が行います。
大半は、この内容に従って返還されます。
相手にも言い分があり、直接連絡してくることもあります。
交渉は、預託した金額から原状回復費として貸主が使った残額を返還してください、などという形や譲歩した内容で交渉がまとまるようです。
相手には強いところを主張、依頼者には弱いところをよく教えて妥協させる、その時々で最大限の和解条件を引き出すようです。

Page Top