前へ
次へ

遺産相続は法律によって決められている

人が亡くなると遺産がある場合は、主に家族でその遺産を分配する事になりますが遺産相続も法律で決められています。
遺言がない場合は、主に亡くなった人の配偶者や子どもたちで分ける事になります。
夫が亡くなれば一番多く遺産をもらえるのは奥さんであり、その次に子どもたちになります。
つまり、亡くなった人の家族は遺産相続の分配を把握しておく必要があり、把握しておけば無駄な争いを避ける事が出来ます。
どうしてもお金が絡んでくる事なので子どもたちで遺産争いをする可能性も否定できないです。
ただ、法律で決められているので争いをするだけ時間と労力の無駄になる事を把握しておきます。
ただ、遺言状がある場合は基本的に遺言状の方が優遇されるので遺産相続の分配が変動する可能性があります。
ただ、遺言状にも書き方があり正式なものでなければその遺言状は無効になります。
もし、近く亡くなる人で遺言状を書く人は正しい書き方をマスターしておきます。

Page Top