前へ
次へ

刑法とはかなり明確に決められている

刑法の意義とはいくつかあるのですが、刑法とは刑事罰を行う要件を定めた法律です。
刑罰は人の生命自由財産など人間にとってきわめて価値のあるものを剥奪することができるわけであり、これは社会共同生活上に有害と考えられる犯罪と定義された者を処罰するために規定されているものであるということになります。
簡単にいいますと個人の自由とか財産といったようなものを守るのは問題は無いのですが人のものをに対してそれを侵害するような行為というのを明確に規定した上で、その行為に違反したら罰を与えるということが決められているのが刑法ということになります。
日本ではこういう罪を犯した場合はこのくらいの罪になる、刑罰を受けなければならないというのが明記されていなければそれは罪にならないということが明確になっています 。
ですから新しい犯罪というのが生まれたりする場合があるわけです。
それを新しく規定させるのが刑法の追加、ということになります。
分かりやすく言ってしまうと今までなかった概念とか技術などによって生まれた犯罪とかがあるわけです。

Page Top