前へ
次へ

自転車に乗るときの傘は非常に危険

自然現象として雨があり大量に降る時には防ぐための方法を考えなくてはいけません。
霧雨のような雨ならあまり気になりませんが、ゲリラ豪雨のような雨だと雨具があっても防げないときもあり雨宿りをした方がいいでしょう。
自転車に乗っているときに雨に降られるときもあるので、いろいろな対処方法を考えておきましょう。
簡単な雨の防ぎ方としてあるのが傘で、歩行をしているときなどに手軽にさして防ぎます。
レインコートを着るとなると着たり脱いだりするのが大変で荷物にもなります。
自転車に傘を収納する部分を取付けておけば邪魔になりませんが自転車に乗りながら傘をさしても問題ないかです。
道路交通法においては傘を持ちながらの走行を禁止しています。
傘をさすには片手走行になり、さらに風が強ければ自転車のバランスに影響を及ぼすときもあります。
自転車に傘を固定すれば両手は使えるもののバランスを崩す原因になることには変わりなく、違反とまで言わなくても注意されることはあるでしょう。

Page Top